2017.3.19 板橋シティマラソン

2017.03.25 00:06|レース
2年前にPBを出して以来、今回で2回目の参加となる
今シーズンの本命レース。
調整として出場した2週間前の立川ハーフで撃沈したものの
それに向けたスピード練習で、絶頂期には及ばないけど
手応えは感じていた。
12月末に年の瀬フル、2月初めにはぼっちフル、と
ロング走もしており、スタミナの不安も無かった。
最低でもPB、3:20は間違いなく、3:17切りが目標と
意気込んでいました。
が、前日に寒気を感じて
関節と筋肉の痛みが発症。
熱は無く、考えられるのは
その前の日からクシャミ・鼻水がひどくなったこと。
当日、朝起きたら痛みは消えてましたが、
走ってみないと分からない状態。
でも、その不安を隠すように
走り出せば大丈夫だろう、押し切れるだろうと
言い聞かせました。
2017032423584690f.jpg
7:20会場入り、kazuさんと合流して準備。
朝は結構寒かったけど、風はそれほどでも無く、
既に日差しの温かさを感じ、
予定どおりランパン、ノースリーブ1枚とする。
相変わらずトイレは長蛇の列で、待ってる間にストレッチして
スタートのFブロックに整列。

9:00号砲
ロスタイムは2:27
以下ラップはガーミン計測

スタート〜10km
5:11-4:42-4:43-4:23-4:33 (23:32@4:42)
4:26-4:29-4:28-4:30-4:33 (22:26@4:29)
スタート渋滞の流れに身を任せていると
設定ペースになるまで時間がかかりそうなので
3kmからペースアップ。
@4:30を切ってしまうまで上がり
kazuさんを追い抜くが
「後でペースダウンするだろうから、待ってまーす。」

10〜20km
4:39-4:40-4:37-4:37-4:39 (23:12@4:38)
4:37-4:39-4:40-4:37-4:44 (23:17@4:39)
ペースを落ち着かせ、@4:30で巡行のつもりが
@4:40近くまで落ちる。
思ったより早くkazuさんに追いつかれ、
付いて行こうとしばらく並走するも
やっぱりそれ以上上げられない。
それでも、レースプランの前半@4:30〜4:40
は保てている。
このまま30kmまで行く予定
のはずが徐々に脚は重くなっていた。

20〜30km
4:44-4:44-4:55-5:03-4:59 (24:25@4:53)
5:07-5:05-5:16-5:40-6:47 (27:55@5:35)
明らかに追い風を感じるようになり
行ける所まで行きたいけどペースが保てない。
折り返して向かい風になると、遂にはキロ5オーバー。
またしてもキロ5の壁は越えられないのか
と気持ちも下がる。
それでも3:20は切りたい、と気持ちを立て直すが、
29kmで5:40まで落ち、心が折れました。

30〜ゴール
7:03-7:19-7:04-8:26-7:54 (37:46@7:33)
9:55-8:50-9:08-8:02-5:01 (40:56@8:11)
5:16-4:48-1:33(343m) (11:37@4:57)
向かい風で進まないと言うより
スピードが落ちてカラダの発熱が無くなり
日差しの温もりはあるものの、風で寒い。
脚に力が入らなくなり、とうとう止まりました。
体調不良が原因ならリタイアした方が良いか?
でも、ランナーズアップデートで応援してくれてる人に
心配させてしまっても申し訳ない。
歩いてでも完走しようと、前に進む。
沿道の声援が多くなってきて
歩いているとそれに応え辛くて
走ってハイタッチしたり、少しずつ気持ちを盛り返す。
走れてないから、脚力は残ってるはずだと
悔しい気持ちが声援に後押しされ
まだサブ4はイケると奮い立ち
39kmから復活のスパート。
周りのランナーをゴボウ抜きして
最後は絞りきってゴール。

3:55:03

後で確認したら、ワースト2の記録で、大撃沈。
20170324235848a94.jpg
急激な気温上昇にカラダが順応できず、
内臓の不調などで、とにかく後半失速した人は多かった模様。
先行していたkazuさんもPB更新は叶わず、
脱水症状でゴール後に点滴を打っていました。
それだけ天候条件は厳しかったということですが、
私は水分・エネルギー補給のトラブルはありませんでした。
そこまで追い込めてないし、それ以前の問題だったと思います。
コンディショニングも実力のうちなので
言い訳のしようもありませんが、
ピーキングの難しさ、フルマラソンの厳しさを
改めて感じたレースとなりました。

立川、板橋と撃沈して、シーズンベストすら出せませんでしたが、
数年続いた脹脛痛が出てないことは大きな収穫です。
この状態を維持して、来シーズンにリベンジしたいと思います。
まずは、4月のウルトラ、7月の富士登山競走に向け
気持ちもカラダも切り替えてリスタートします。

2017.3.5 立川シティハーフマラソン2017

2017.03.11 13:33|レース
ランニングを始めてから
所沢シティ以外で初のレースを楽しみにしていた2011年
東日本大震災で立川シティは中止となりました。
あれから6年
ようやくの初出場
20170311132707907.jpg

板橋シティフル前の調整レースではありますが
フラットなコース、学生選手権との併催で
ハイスピードレースになるのは間違いなく
PB更新、90分切りを目指して準備してきました。
2週前に飲み過ぎて、予定していた練習ができなかったり
2日前にも飲み会があったりもしましたが
スピードの耐性はそれなりにできたつもりでした。
なにより、スピード走をしても脹脛痛が出ず
3年ほど続いている長いトンネルから抜け出せるのではないかと
それほどに調子は上向いてました。

ここまで来たら結果はお分かりだと思いますが
大撃チーン(≧∇≦)
20170311132709bc1.jpg
スタートはCブロックで
Cの隣まで学生が居ます。
突っ込み重視で、最初からハイペースを作るために
引っ張ってもらおうと学生の最後尾に付いてスタートします
前夜に過去PBのラップ、レース展開を確認して
入りはキロ4切りを想定してました
それもミスの1つですが
PBを出したのは2年前の所沢シティで
スタートから1kmは下りなのです

スタートは自衛隊立川駐屯地の滑走路を2周します
だだっ広くて走り易そうだけど
スピード感覚がつかみ難いかなと思いましたが
周りに付いて行くのに必死で、テンションアゲアゲでぶっ飛ばします。
速い!と感じつつも前のランナーに付いて
しばらくすればカラダも落ち着くだろうと考えてました。
が、3km辺りで心配していた横っ腹痛(≧∇≦)
まだ滑走路を1周したぐらいです
焦りましたね〜
結構な痛みなので、少しペースを落とし
しばらくすれば消えるだろうと耐えます。
一緒に出場のkazuさんはスタートで先行しましたが
いつの間にか追い越していて
5km手前辺りで抜かれました。
私の横っ腹痛は消えるどころか増幅し
更にペースダウンを余儀なくされます。
まだ滑走路から抜け出してない位置で
今日は終わったと思いました。

その後も痛みが消えることは無く
少し和らいで、ペースを上げて
また痛くなってペースダウンの繰り返し。
脚はまだイケるのに、お腹の痛みで上げられないもどかしさ。
ラップを見ていただくと
その葛藤がお分かりいただけるかと。

3:57-4:07-4:11-4:21-4:21 20:57(@4:11)
4:29-4:28-4:24-4:28-4:33 22:22(@4:28)
4:39-4:35-4:22-4:25-4:34 22:35(@4:31)
4:58-4:40-4:36-4:28-4:34 23:19(@4:39)
4:33-59/245m
1:34:43(@4:27)
公式速報はグロスで
1:34:55(@4:30)

13km辺りで公園に戻ると
公園内2周目の学生達と併走となり
自分も盛り返そうとすると
その分また強い痛みとなって返ってきて
学生とのスピードの違いが腹立たしく思える。
微妙なアップダウンもあり辛さも増す。
なんとも惨めで、気持ちが切れそうになりましたが
せめてシーズンベストはイケるかとこらえました。
結果的にはそれも叶わなかった訳ですが
痛みが続く中で、キレずに走り切った精神力だけは
褒めてもいいんじゃないかな。

そもそも私はスロースターターだし
オーバーペースで横隔膜が痙攣するのも以前からのこと。
飲み会の影響もあったかもしれないけど
その日の調子を見てペースコントロールしなきゃいけないのを
改めて身をもって痛感しました。
ただ、単に90分切りのペースはまだ早かっただけかもしれない
それでも、チャレンジして
5kmだけでもハイペースを保ったし
3年前のスピードに近づいているのは間違いない
そう信じて、次の板橋シティフルに臨みます。

今回はkazuさんと一緒に参加
7:00に家を出発
7:30過ぎに昭和記念公園立川口駐車場に到着
駐車場には学生達のマイクロバスがいっぱいで
ちょうど青山学院の選手が移動していて
箱根駅伝出場の田村君、下田君とすれ違い
テンション上がりました。
私は顔まで覚えてなくて分かりませんでしたが(笑)
参加者は大勢いますが、敷地が広いこともあり、
レースコースは狭くなる所もあるけど
スピードが速いから混雑はなく
終始ストレスに感じることはなかったです。
参加Tシャツのデザインは残念でしたが
201703111327117d2.jpg
(バックプリントなし)
タイムを狙うにはとてもいい大会だと感じました。
立川ハーフ→板橋フルの流れが定番になるかも。
とりあえず今は板橋に向けて調整!
そして来年リベンジ!
20170311132709748.jpg

武蔵村山かたくりの湯に寄って
限定うどんと温泉でカラダだけでもスッキリして
帰りました。
20170311132712324.jpg

2017.2.12筑波山トレ

2017.02.18 21:17|山トレ
この時期は雪の無い超低山遊び!
のはずが…
9日に平野部でも降った雪だと思われますが、
登山道の途中から雪!
だけならまだしも、凍結(≧∇≦)
前日の情報で、北面には雪がたっぷりありそうとのことでしたが、
山に向かう途中
20170218210900670.jpg
そして駐車場から見上げる南面は全く白くなくて、
2017021821090265c.jpg
まぁ山頂周辺だけだろうと考えていたのですが、
なんのなんの
20170218210905d08.jpg
こんな雪の所は走ることもできて良いけど、
踏み固められ、解けた雪が凍った所
更には、その上に土が付いたのか、土の中が凍ったのか、
見た目は大丈夫そうなのに凍結してる場所(≧∇≦)
念のために雪の通勤に使うアディダスのゴアテックストレランシューズ
カナディアを急遽持って行ったので、まだマシでしたが、
予定していたNBのトレランシューズではマジでヤバかったかも。

女体山の山頂も所々ツルツルで、みんな恐る恐る。
20170218210906837.jpg
北面を下りるのはやめて、自然研究路をぐるり。
雪のまま溶けない所は凍ってない感じで、走れる所は楽しいけど、
20170218210909ad0.jpg
時折り凍結箇所があるので油断はできない。
201702182109113d1.jpg
男体山からも富士山が見えて、前回は遠望が利かなかったけど、
今回は心配していた風も無く、ポカポカ陽気の晴天で、
景色が良く見えたのは良かった。
20170218210907042.jpg

通常よりも時間がかかり、当然下山も慎重になるので、
早めに下山。
しかし、御幸ヶ原コースが想像以上の凍結で、
おもいっきりスライディング!
その前に完全な尻もちもやってるし、やはり怖いですね。
大半の人がアイゼンやスパイク付けてました。
ただ、観光地でもあるので、普通のスニーカーで登って来るファミリーが居たりして、
大丈夫なんだろうかと心配したり、
この人達が登って来たからこの先はもう大丈夫かと思いきや、
我々が滑ったり(^^;
変なところに力が入ったり、とにかく油断できず、精神的にも疲れて、
帰りにビアスパークしもつまの温泉に入った瞬間が、
なんと気持ちいいことか!
思いがけないスノートレで、それはそれで楽しめました。
20170218210903296.jpg

5:15出発 6:05kazuさん宅 7:50筑波山神社駐車場
8:25スタート
白雲橋コース~女体山山頂 1:07:04/3.26km
9:41~御幸ヶ原~自然研究路~男体山山頂 37:26/1.96km
10:25~御幸ヶ原コース~駐車場 55:18/2.78km

2017.1.22 飯能アルプス〜子ノ権現

2017.01.26 18:10|山トレ
今年のテーマは
トレイルの登り走力強化
これも富士登山競走完走のため

これまで、登りで走るとすぐ疲れるから、心肺を上げ過ぎないように、
歩きのスピードを上げれば良いと考えていましたが…昨年、
使う筋肉が違うので多少は走れることを知る
→当然、走った方が速い
→ならば、走れる区間を増やす
ということで、
細かいアップダウンが多く、登りのインターバル練習となる
飯能アルプスへ
積雪する前に、kazuさんとGO!

基本的なコースは昨年3月の時と同じ
前回はヤマノススメ聖地巡礼も楽しみましたが、
今回はランに集中して遊びは最低限、
帰りのロードの終盤でうどん給食、
聖地タイムズマートがゴールです。

飯能市民会館の駐車場に車を停めて、
20170126175909a18.jpg
飯能中央公園を通り抜けて
20170126175911f59.jpg
スタート。
20170126175912cf8.jpg
タイムズマートの脇から天覧山へ。
20170126175913ff6.jpg
続いて、多峯主山
201701261759155e1.jpg
空が霞んだ感じで、遠望は期待してませんでしたが、
思いがけず、富士山がクッキリ!
20170126175934073.jpg
(写真ではほとんど見えませんが)
南東は三浦半島かな?海まで見えて
20170126175936139.jpg
ここでこんな景色が見れたのは初めてで
テンションアップ
しかし、ここからの下り口を間違えてロスト(≧∇≦)
テンションダウン
久須美坂、東峠を通過して、天覚山
20170126175938f7f.jpg
大高山
2017012617594005f.jpg
前坂、スルギを抜けて、子ノ権現
20170126175941ed6.jpg

ゆっくりだけど登りもできるだけ走ってみる。
踵は浮いた状態で、歩幅は狭く、ちょこちょこ小走り。
脹脛がすぐにイっちゃうと思ってましたが、膝から下は力を入れず、棒のイメージでやってみると、案外疲れない。
とは言え、ずっとは走れない。
どれぐらいの傾斜でそれに切り替えるか?更に傾斜が上がり、どのタイミングで歩きにするか?
まだまだこれからだけど、何となくコツがつかめた気はします。
普通に走れる区間も多く、以前よりは登りも走っているので、
これぞトレイルランニングって感じで、気分上々!
2017012618000279b.jpg
久しぶりにトレイルのレース出場も考えながら疾走。
と、調子に乗ってたら、後半バテバテ(^^;
途中ですれ違った団体ハイカーのおばさまに
「トレラン?走ってるところをみたい!」
と言われましたが、急登を登った直後でもあり
「残念ながら、脚が売切れです(笑)」
と応えるのが精一杯でした。
子ノ権現に着いて、鐘の所に上る段差の大きい階段で、大腿四頭筋が軽く痙攣(≧∇≦)
山トレで脚が攣るのは初めてでは?
それだけ頑張ったということでしょう。
予想の4h30mを切って、4h13m。
ロストが無ければ、4h切りが見えた。

子ノ権現で、kazuさんはお守りを追加購入。
2017012618000316b.jpg
終盤にエネルギー切れを起こしていたので、行動食を軽く食べて、下りはロード。
数日前から、着地時の腰痛が悪化していて、特に下りなので、慎重に走り出す。
が、ほとんど痛み無し。
むしろ、上りのトレイル区間の方が時々痛んだ。
そのショック療法が効いたのか?麻痺しただけなのか?とにかく普通に走れる。
下りということもあり、何より早くうどんが食べたくて、一時はキロ5ぐらいまで上がる。
上りで脚が売切れたと思ったけど、案外走れました。
が、事前に調べていたのに何故か、うどん屋さんまでの距離を2km短く勘違いしていて、それを知った時のショックでペースダウン(^^;
途中、自販機給水も含めて、1h41m/14kmでやっとこさ宮の前うどんに到着。
20170126180004889.jpg
うどん屋さんと思っていたら、いろんな定食もある食堂で、
うどんはリサーチでお勧めの肉汁つけうどんとカレーうどん以外にはざるしか見当たらず。
寒いからカレーうどんにしようとkazuさんと話しながら来たので、カレーうどんを大盛りで注文。
201701261800061f8.jpg
思ったとおり、カレーにより、うどん自体の味は分かりづらかったけど、小麦の味が感じられて美味しい。
武蔵野うどんの固さをイメージしていたので、柔らかさに違和感を覚えましたが、汁も良くて、特にお肉は味が染み込んでいて、それでいてしょっぱくはない。
次は肉汁か、うどん自体の味を堪能するにはざるが良さそうだと、また来ることを誓って店を出ました。
お腹はいっぱいで、脚は既に張ってきてるので、様子を見ながら、残り2km弱をダウンジョグ。
ゴール地点のタイムズマートで、ヤマノススメコーナーを眺めた後
20170126180007ad0.jpg

2017012618002362f.jpg
お決まりのアイス!

帰りに小手指のスーパー銭湯でカラダを癒して、
当初の予定より30分遅らせて出発したけど、30分以上早く終了の
かなり頑張った山トレでした。

20170126180026278.jpg

1月22日(日)
同行者:kazuさん
6:05出発〜6:55駐車場着
中央公園7:20〜11:33子ノ権現 4h13m/16.26km
子ノ権現11:59〜13:30宮の前うどん 1h41m/14km
宮の前うどん14:19〜14:32中央公園 13m/1.8km

2017山始め 1.8伊豆ヶ岳・子ノ権現

2017.01.12 17:03|山トレ
年明け恒例となった、
子ノ権現で足腰の守護へのお詣りから、
今年も山トレスタートです。

年末年始でなまったカラダに喝を入れるべく、
天覧山から飯能アルプスを考えてましたが、
午後から雨または雪と、天気予報が下り坂もあって、
昨年と同じ正丸駅起点としました。
今年はkazuさんと一緒で、伊豆ヶ岳〜子ノ権現のピストンでは芸がないし、
新年のお楽しみを追加、浅見茶屋でうどんを食べて、
雨が降り出すことも考慮して、還りはロードを下って、
299号線を正丸駅まで上り返すことにしました。

しかし、今回のタイム予想を前回4月の山トレを基にしてしまい、
4月は正丸峠に寄る大回りコースだった事にスタート時点で気づきましたが、
天候が崩れる前に浅見茶屋まで行きたいと思い、
予定どおり7:30スタート。
20170112165536bed.jpg
あっけなく男坂の前へ。
201701121655377a9.jpg
1年前に男坂を登った時は、途中で足がすくんだものですが、
201701121655394c7.jpg
今回は鎖すら使わず、難なくクリア。
3回目で慣れたのもあるけど、この1年、
特にアルプスの経験は大きかったと改めて実感しました。
それにしても、伊豆ヶ岳コースにして良かった。
年の始めにここに登るのが、なんだか良いです。
20170112165540c59.jpg
そして、予定より30分早く1時間で伊豆ヶ岳へ到着。
2017011216554110f.jpg
山頂はほぼ素通りして、第1目的地の子ノ権現に向かいます。
ここからはアップダウンが続くけど、走れるトレイルなので、
2017011216560377e.jpg
少々調子に乗ったら、終盤かなりキツくなりました。
想定を少しオーバーですが、伊豆ヶ岳から1時間10分。
2017011216560459a.jpg
今年の足腰の健康、山トレの安全、富士登山競走の完走を祈って、
20170112165605b7e.jpg
お守り交換を済まし、
時間は早いけど、ここに居ても寒いだけだからと、
浅見茶屋に向かいます。

事前に営業時間は調べて、11時開店は分かってました。
結局、最初の30分マイナスが響き、10:30に到着。
先客が2組居て、早く入れてもらえるかなと思いましたが、それは無し。
山頂で休憩する時は、いつの間にか時間が経ってたりしますが、
待つ時間は長く感じるものです。
20170112165607a0e.jpg
汗が冷えて、めっちゃ寒くなるし、お腹は空いてきたし。
それもあってか、温かいうどんの美味しさが体に沁みました。
20170112165610800.jpg
私は定番の、肉汁釜揚げうどん。
kazuさんは、冬限定の鍋焼きうどん。
今日ぐらいは少し贅沢に、甘味も注文。
20170112165626b79.jpg
天草きな粉黒みつアイス
テングサの寒天を初めて食べましたが、
弾力はあるけど、ぶにょぶにょした感じではなく、
切る時も中はサッとスプーンが入り、口に入れるとスッと消えていく。
それ自体に味はほとんど無くて、美食家でもないので天草の良し悪しは分かりませんが、
変な甘さもクドさもなく、スッキリとのどを通っていく。
そこに、きな粉と黒みつの最強コンビがこれまた絶妙。
ほど良い甘みで、後に残らず、あとを引く美味しさ。
さらに、アイス自体も美味しいのに、黒みつきな粉との相性も抜群。
食通でもないのに、だんだん食レポみたいになってきた(^^;
うどんもつけ汁系は濃いめになりがちですが、
これは味はしっかりあるけど、しょっぱさは無くて、後味がいい。
うどん自体もしっかりしていて好きです。
ほんとは大盛りにしたかったけど、その後の甘味デザートと、走ることを考えて今回は普通盛りでした。
さて、食の感動も落ち着き、12時を回ってようやく浅見茶屋を後にします。
残りはロードで、しばらくは下りなのでカラダを温めながら、またお腹の状態も確かめながら、ゆっくりリスタート。
そう言えば、前日はお昼に台湾ラーメン+半チャーハン+半担々麺、夜に手巻き寿司を食べて、当然のごとくお腹を壊し、ゲップすると正露丸臭い中でのトレーニングでした(笑)
ロードは3〜5km程度で、30分ぐらいかなと思ったら、全然長い長い。
途中で、子ノ権現で会ったおじさまと温泉話しをしながらしばらく歩いたのもありましたが、51分かかって7.86km、終盤の上り坂はカラダが温まって駆け上がり、しっかり坂トレになりました。
カラダを絞る目的でもあったので、頑張っちゃって良かったのですが、結構なハードトレとなりました。

帰り道、休暇村奥武蔵に初めて行くと
先ほどのおじさまも行くと言ってたとおり、湯船に居て、
温泉ばなしの続きを…
天然温泉ではないですが、露天と水風呂もあり、それほど混雑しないらしく、静かに入れるお風呂です。
お湯の温度は高め。

1月8日(日)
同行者:kazuさん
出発6:10→7:00正丸駅(290m)
正丸駅7:33→8:35伊豆ヶ岳 3.35km(850.9m)
伊豆ヶ岳8:37→9:47子ノ権現 5.04km(640m)
子ノ権現10:12→10:26浅見茶屋 1.39km
浅見茶屋12:09→13:00正丸駅 7.86km

浅見茶屋に着く手前で、セーラームーンに遭遇しました。
20170112165628347.jpg
よ〜く見ると、右手にピストル、左手にはカラスがいて、無表情がなんとも言えない(^^;
さらに左上にはウルトラマンまで…
山では、いろんなものに遭遇します(笑)
| 2017.03 |
-
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

ぷろろ911

Author:ぷろろ911
1974.9.11生 男子

普段は所沢市の航空公園で走ってます。
ベスト
5km弱 2013.2.11 皇居駅伝 20:06
10km 2011.10.9 彩湖エコ 43:07
ハーフ 2014.12.7 所沢シティ 1:32:13
30km 2015.2.15 青梅 2:15:16
フル 2015.3.22 板橋シティ 3:23:21

リンク

ジョグノート

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページtopへ