2017.9.9 第21回 武蔵野アクアスロン

2017.09.20 23:03|レース
3年ぶり5回目の出場
土曜日開催なので出づらいところですが
今年もトライアスロンには出ないこともあり
せめて武蔵野アクアスロンだけはと
エントリーを先にして、確定後に承諾を得ました(^^;

いつもどおり
会場までの片道13kmはバイクで自走
20170920225713eac.jpg
スイムのタイムは遅めに申告したのに
なぜか最終グループで
出番までトラックでアップしたり
トライウエアなので着替える必要はなく
ゆっくり過ごす
20170920225716993.jpg
レースが始まるとスイムは10秒ごとのスタートだけど
案の定、抜かれまくりでテンションダウン
でも待てよ、
遅いグループに入って自分が抜く方になったら
余計な力を使うことになるし
抜かれる分にはいいかと、気楽になる
でも、平泳ぎに抜かれたような…
まあいい、ランで抜いてやる!
と、走り出したら、入りの1kmが4:09
ちょっとビビって気持ちをリラックス
前のランナーを目標に10人ぐらいは抜いたけど
ゴボウ抜きとはいかず、数名には抜かれた
手元のガーミンではキロ4:14で最後まで粘ってゴール!

合計タイム27:45
swim 12:52/500m+トランジッション
run 14:53/3.4km

3年前のベストタイムより52秒遅い
2014年
total 26:53
swim 12:01
run 14:52

スイムのタイムはリアルタイムで見れてなかったけど
思ったとおりの遅さでベスト+51秒
ただ、ランが+1秒だったのは収穫
3.4kmで計算すると4:22/km
この距離でトラックだからというのはあるけれど
スイムの後でスピードを上げられたのは良かった
今回も泳ぎ込みができてない中では頑張った
と言うか、泳ぎ込みができてないし
翌日に富士山に行こうと考えていたので
小金井に続いて練習のつもりで行ったのに
やっぱり頑張ってしまった
20170920225716b53.jpg
ちなみに…
この大会は飛び賞や特別賞があるので毎回楽しみだけど
今回も何も当たらなかった(^^;

2017.8.27 もうひとつの富士登山競走

2017.09.14 22:23|山トレ
今年の富士登山競走にケジメをつけるべく
大会DNFから1ヶ月後
富士吉田市役所のスタートラインから山頂を目指します
来年の再チャレンジはもう決めてましたが
モヤモヤしていた気持ちをリセットするための儀式として…
ですが…

敢え無く五合目関門アウト!
山頂まで4時間30分で行けなくても
その結果を受け入れる準備はできてましたが
まさかの、想定外のDNF!
もう、ここまで来たら何でも受け入れます(^^;
長期休暇の休み疲れの上にアクアスロンで疲労増し
その疲労が抜けてなかったからなのか?
ロードで結構頑張ったら
馬返し以降の登山道で大失速
少し気持ちが悪くなって
簡単に心が折れました
一生懸命山頂に向かうkazuさんを途中で見送り
自分は五合目で折り返し
2017091422201812b.jpg
気分も優れないので、いつもと変えて
滝沢林道を中の茶屋まで
ロードだから楽かと思いきや
登山道の倍の16kmを2時間かけてようやく下る
と、火祭りロードレースの給水所があり
片付ける寸前のところで水をいただく
そこから高速下の交差点まで
レース終盤のランナーとすれ違いで
思わず声援しながら下り
交差点ではしばらく立ち止まって
自分のことは忘れてランナーを応援
20170914222019848.jpg

市役所裏の駐車場まで戻って
ようやく今年の僕の富士登山競走が終わりました

20170914222021573.jpg
8月27日(日)
7:15富士吉田市役所スタート
累積 ラップ
中の茶屋 42:55
馬返し 1:10:41 27:46
五合目 2:20:11 1:09:30

五合目9:44→11:46中の茶屋 2:02:01/15.89km
中の茶屋11:53→12:06交差点13:35/2.15km
交差点12:15→12:47富士吉田市役所32:29/4.31km

2017.8.20 第19回 小金井アクアスロン

2017.09.08 18:36|レース
昨年に続いて6回目の出場
状況は昨年と同様、いや日程的には厳しかったようで
2日前に帰省から戻って、疲れが溜まったまま
直前練習はできず、帰省中もスイム練習無し
そもそも泳ぎ込みが全然できてない
最近は山ばっかり行って、スイムのモチベが無いんですよね〜
大会へのテンションも上がらないままでしたが
練習だと思って、何とか重い腰を上げ
いつものバイク自走で出場してきました

スイム 12:10/400m
ラン 14:12/3km+トランジッション
合計 26:22

昨年と比べると
スイムはより1分弱遅く
ランは1分ちょっと速い
合計は17秒速いだけ
スイムはほんとに遅くて、出場105名中90位
ランは28位でした
コースベストからは2分以上遅いけど
昨年より良かったからマシか

2017.8.15八甲田山ハイク&8.16岩木山トレ

2017.08.29 20:50|山トレ
昨年に続き、今年も青森帰省中に2座の山トレ
昨年とは逆パターンで
八甲田山をファミリーハイク
岩木山をソロでトレランです

と、その前に今年は念願だった
岩手のわんこそばを食べてからの青森入り
2017082920351510c.jpg

2017082920351791a.jpg

で、まず1日目は八甲田山
昨年のソロと同じコースですが
酸ヶ湯の駐車場が満車だったので、上の駐車場に停めて
酸ヶ湯脇の登山口からスタート
しばらくは樹林帯ですが、それほど険しくなく
毛無岱に出ると
やっぱりいい景色で
気持ちいい〜
201708292035185d2.jpg
階段を登りきって振り返る景色は最高〜
2017082920352146d.jpg
昨年は岩木山まで見えたけど今年は見えず
八甲田山の大岳山頂にも雲
20170829203519a10.jpg
そのガスの中に入ると、そこは試練でした
霧と言うより霧雨みたいで、濡れて寒く
特に自分はいつもどおりの薄着だけど走らないから冷えるし
ちび子は疲れてぐずるし
20170829203522521.jpg
山頂手前の避難小屋でおにぎり休憩して
どうにかこうにか山頂へ
20170829203524684.jpg
眺望もないのですぐ下山
2017082920352501a.jpg
ガスの中、仙人岱を抜けて、ぬかるみもありますが
何故かちび子が一番元気で、ずっとしゃべってる
逆にねえちゃんと奥さんはかなりお疲れモード
休憩も結構してるのでコースタイム以上かかりましたが
トータルで6時間強、頑張りました

酸ヶ湯登山口8:09→毛無岱→11:48八甲田山頂3:39/6.14km(3:10)
八甲田山頂11:53→仙人岱→14:16駐車場2:23/4.3km(1:45)

下山後は酸ヶ湯温泉
今回も混浴の千人風呂には入る気はしませんが
個別のお風呂は小さくて、人がいっぱいだから大変
この時期はどっちに入っても落ち着かないのかなぁ

さて翌日、重いカラダにムチ打ってソロトレイル
2日前の青森市街地ランで左脹脛に痛みもあり
前日、山頂はガスってた八甲田山でゆるトレも考えましたが
岩木山までのアクセスもそう遠くはなく
東側の弥生コースが近くて
コースタイムも短めなのを確認し
昨年の同時期は登山者が多かったので
王道の岩木山神社からの百沢コースではなく
マイナールートを攻めることにしました
ところが、登山口手前からリンゴ農園の林道に入ると
遂には未舗装でめっちゃ狭い道が現れます
手前のスペースに車を停めて行こうか少し考えますが
窓の外に大きめのハチが飛んできて速攻退散
北寄りの赤倉コースに変更します
20170829203528a79.jpg
(手前の大石神社の鳥居には龍がいて、ちょっと不気味)
最初の登山口同様、こちらも誰も居なくて心細いですが
割と開けているので大丈夫だろうとスタート
20170829203527ec1.jpg
と、いきなり道を間違えて戻り
気を取り直してリスタートするも
しばらく行くと草木に行く手を阻まれて
登山道が合っているのか不安になり
ウロウロと行ったり来たり
登山者の少ないマイナールートで
この先も険しいことが予想され
先日の鳳凰山の破線ルートを思い出し引き返します
20170829203530e1b.jpg
赤倉神社8:51→途中退散→9:35赤倉神社44:31/3.91km

だいぶ時間が経ってしまい
これから岩木山神社に行って間に合うか心配でしたが
コースタイムの半分で行ければ大丈夫と強行です
混雑のピークは前日の15日だったようで
駐車場も目の前に停められました
20170829203531f4b.jpg
(後で聞いたら登山者は別の駐車場があるらしいです)
20170829203533c01.jpg
下の方は緩やかで、できるだけ走ります
ただ、岩木山も山頂は雲がかかってます
2017082920353476e.jpg
だんだん勾配はキツくなり登山道も狭くなります
しばらく辛い樹林帯ですが
更に岩が増えてくると、渡渉もあったり
結構な厳しさで、だいぶへばってきます
少し開けた所では、下はよく見えて気持ちいいけど
20170829203536381.jpg
上はガスガス
20170829203537051.jpg
お花畑が綺麗で少し幻想的な感じもありますが
行き先が分からなくなる場面もありました
ようやく、リフトからの登山道に合流すると
登山者も増え、山頂は目の前
昨年通った記憶も蘇り、息を吹き返して
目標の2時間切りに向けて岩場をスパート
なんとかコースタイムの半分以下で登頂
201708292035391f7.jpg
思ったとおり眺望はきかず、薄着では寒いので
写真を少し撮って、軽く補給してすぐ下山
途中で登山者と少し話もしながら黙々と下りますが
めっちゃくちゃ速い女性ランナーにブチ抜かれて
ア然
いや、圧巻と言うか、見事でした
ツワモノはどこにでも居るもんですね〜

岩木山神社10:18→12:14山頂1:56:40/6.13km(CT4:15)
山頂12:25→13:39岩木山神社1:13:54/5.98km(CT3:10)

下山後は、岩木山神社から歩いて行ける
百沢温泉へ
2017082920354047a.jpg
神社の売店のお姉さんから聞いてたけど
予想以上にお湯が熱くて、全然入れませんでした(笑)
20170829203542e52.jpg

2017.8.6 鳳凰山トレ

2017.08.12 15:24|山トレ
大人の夏休み企画2017
去年は八ヶ岳で星空観賞、御来光登山
今年は南アルプス鳳凰山で
富士登山競走完走のご褒美リフレッシュ登山のはずが
未完走の傷心&ハードトレーニングとなりました(^^;

直前になって情報収集した結果
駐車場、登山道の混雑、アクセスの悪さから
メジャールートの青木鉱泉登山口を避け
コースタイムは長くなるが駐車場までのアクセスが良く
山梨百名山の甘利山と千頭星山の2座も縦走でき
何より我々はマイナールートが似合う
なんてカッコつけて
甘利山駐車場からのコースとしたのですが…
20170812145744de3.jpg
甘利山は駐車場からすぐで
雲の間から富士山も見ることができ
20170812145746c22.jpg
やっぱり富士山は見る山だなぁなんて言いながら
揚々とスタートします。
20170812145747afd.jpg
が、地図にも書いてありますが
クマザサがだんだんと足元を覆ってきます。
天候が不順で前日も雨だったのか、朝露か
草が濡れてて冷たくビショビショに
しまいにはシューズの中はグジュグジュになりました
20170812145748a5f.jpg
それでも千頭星山までは道は明瞭で
久しぶりに、これぞ山って感じなどと
余裕のある会話もしながら走ります
2017081214575025d.jpg
標準コースタイムの半分で行程を組んでいるので急ぎ気味
ただ、こういう所ではカーフタイツは必要だった
あと手袋も
(常に車には用意してあるんですが)
脚が細かい切り傷にやられました
そして、問題は千頭星山から
破線ルートなのである程度の覚悟はありましたが
想像以上でした
クマザサで足下が見えないのと
曇りの樹林帯で薄暗かったり
実際にサルにも出くわしましたが
奥深い山に入った感じで心細く
精神的に削られたところも大きいですが
危険を感じるような急な下り
心許ないロープ場があったと思えば
20170812145751700.jpg
急登の登り返しでカラダも削られます
ピストンコースの予定でしたが
この道を戻るのはイヤだと思いながら登ってました
その区間が1時間半以上続き
なんとなく甲武信ヶ岳にも雰囲気が似てるなぁと思いつつ
甲武信ヶ岳であればもう山頂に着いてる標高に来ても
ここでは名もなきただの通過点のピーク
やっぱりこれが日本アルプスかと
最近は登り易い富士山ばかり登っていた
カラダと心には堪えました
ようやくの思いで、夜叉神峠からのメインルートに出ると一安心
なんと整備されてて歩きやすいことか!
この登山ではじめてのハイカーやランナーにも出会い
心も落ち着いてくる
しかし、元々タイムに余裕は無いのと
下りのコース変更を検討しなくちゃいけないので
早く薬師岳まで登ろうと走ります
山頂手前まで来ると巨岩が現れます
他の山では立派な名前が付きそうな岩が
なんの表示も無くゴロゴロ
20170812145753b9d.jpg
ここでも、アルプスのスケールの大きさを感じます
何とかコースタイムの半分ちょっとで薬師岳
201708121457547fe.jpg
ガスって眺望は全くない
4時間以上頑張ったので、補給食を摂りながら
地図アプリとにらめっこ
そして、青木鉱泉から甘利山駐車場までの林道を発見!
これで戻るしかない
しかし青木鉱泉の標高は1,080mで
甘利山駐車場は1,650m
600m登り返す
が、距離は分からない
事前に調べてた書き込みを思い出し
おそらく2時間程度で行けると予想
あとは青木鉱泉までどのルートにするか?
元々予定していた薬師岳からの中道をそのまま下るのが最速
でも、せっかくだから地蔵岳まで行きたい
地蔵岳までピストンして中道がタイム的には早いか
地蔵岳からドンドコ沢を下るのは危険との情報もあった
ただ、やっぱりピストンは精神的にも良くない
メインルートのドンドコ沢も通ってみたい
地蔵岳に行くまでにトレイルランナーとも話をして
結局、ドンドコ沢に決定
薬師岳からの縦走は更にガスが濃くなって
2017081214575641a.jpg
鳳凰三山最高峰の観音岳もサクッと通過
20170812145814320.jpg
地蔵岳のオベリスクが全然見えないなぁと言っていたら
キターーー
見事に晴れて、感動のご対面
20170812145815b27.jpg
テンションマーックス!
20170812145816d8a.jpg
でも、すぐにまたガスってきます
2017081214581737a.jpg
ここからが勝負で
青木鉱泉からの林道の様子が読めないから
いかに早く下山できるか
途中で確かに厳しい下り箇所もありましたが
登りで通った破線ルートに比べたら雲泥の差
ただ、岩が濡れてたり、雨もパラついたり、
渡渉もあったりで滑らないように気をつけて走る
さすがメジャールート
道が分かりにくいこともそれほど無く
歩き易く、走れる所も多くて
夜叉神峠からのルートも含めて沢山のトレイルランナーとすれ違う
我々が行く山でハイカーよりランナーが多い山は初めて
て言うか、ハイカーが少ないぞ!
途中の山小屋の人に聞いても、どうもこの日は登山者が少ない
会社によっては既に夏休みに入ったこの日
高速道路の上りはひどい渋滞予測も出ていて
人気のある山は混んでることも見込んでの
マイナールート選択でもあったのに
予想は大きく外れたみたい(^^;
ドンドコ沢の途中にある滝は
コースを外れないと見れないと書かれていたけど
白糸の滝は少し行くだけで見ることができて
何だか得した気分
20170812145819d3f.jpg
順調にコースタイムの半分以下で青木鉱泉到着
時間的には明るいうちに駐車場まで戻ることができそうだと
かなりホッとしました
ただ、この後の林道がどれほどのレベルか不安もあり
しばし休息を取る
不安を抱えつつリスタートして
ガラガラの駐車場を抜け、未舗装路を進むと
えっ⁈すぐに舗装された道路!
悪路と書き込まれていた未舗装路はこれで終わり?って感じで
これまた騙された感
まあ、そんな気持ちもこれを見て吹っ飛びましたけどね
2017081214582045a.jpg
少し下って脇道に逸れると
上りが始まった
徐々に勾配はキツくなって走り続けられない
遂には歩き出すが、ずっと歩いたらいつ着くか分からない
500m走って500m歩くを繰り返すことにした
そして6km過ぎかな
携帯の電波が繋がり、ゴールまでの距離が判明
林道区間で約10.5km、高低差は600m強
平均勾配は6〜7%となる
が、これでも富士登山競走の馬返しまでより緩い
スタートから8時間以上トレイルで動いたカラダにはキツかった
ただ、それでもなお動けるのは富士山トレの成果とも感じた
2,800m級の縦走も、それほど苦しくはなかったし
で、最後は気持ち良くゴールできるかと思えば
降ったり止んだりしていた雨が
残り2.5km辺りでどしゃ降りに!
クールダウンのシャワーランで
何とか明るいうちに駐車場に戻れました

リフレッシュのはずが
我々の心を表したかのような天候で眺望は無く
過去最長のハードな山トレとなりましたが
メジャールートだけでは物足りなさがあった感じで
結果的には破線ルート、林道登り返しの迂回も含めて
さまざまな山の顔を堪能した楽しいトレとなりました
富士山ばかり登ってて山力が衰えてた感があり
改めて山を甘く見てはいけないと思いましたが
富士山で鍛えたからこそできた
コース選択、現地での変更でもありました
ただ、それほどハードじゃないと
物足りなくなってきている自分たちも
ちょっと困ったなぁ〜(^^;

鳳凰山:日本百名山 最高点:2,841m
南アルプスの北東部に位置し、地蔵岳、観音岳、薬師岳の3山の総称として特に鳳凰三山とも呼ばれる。
山頂部は花崗岩の白い山肌となっている。

8月6日(日)
同行者:kazuさん
出発4:00→6:00甘利山駐車場
2017081215112454d.png

201708121511235d4.png
駐車場6:37→甘利山→千頭星山→10:48薬師岳4:11/10.98km(8:10)
薬師岳11:22→観音岳→12:19地蔵岳57/2.67km(1:55)
地蔵岳12:31→ドンドコ沢→14:51青木鉱泉2:20/7.1km(5:20)
青木鉱泉15:01→16:40駐車場1:39/10.57km
※カッコ内は標準コースタイム

アフター
韮崎旭温泉で天然炭酸泉
小作でほうとう
20170812145822a70.jpg
中央道は予測どおり渋滞で下道
帰宅は23:00前
| 2017.09 |
-
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

ぷろろ911

Author:ぷろろ911
1974.9.11生 男子

普段は所沢市の航空公園で走ってます。
ベスト
5km弱 2013.2.11 皇居駅伝 20:06
10km 2011.10.9 彩湖エコ 43:07
ハーフ 2014.12.7 所沢シティ 1:32:13
30km 2015.2.15 青梅 2:15:16
フル 2015.3.22 板橋シティ 3:23:21

リンク

ジョグノート

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページtopへ